あおいのギャラリー

アオイヘッダー旧ギャラリー

遭逢

あおいは当時25歳位だったと思われます。高校卒業後に大きな温泉の老舗旅館の仲居をしていたようです。特別にスタイルが良いわけではありませんが、縄藤好みの色白ではありました。そして何よりも縄が体に触れただけでも声が出てしまうほどの敏感でエッチな女性だったようです。さらに断れない性格、わかりやすく言えばM女だったようです。縄藤はあおいを口説いて仲居をやめさせて都市部へ引越しさせたようです。次の仕事が見つかるまでは縄藤が生活費を出していたかもしれません。

あおいは美人ではなかったようです。これは縄藤の基準なのですが「M顔」だったようです。何をもってM顔なのかは縄藤しか知りません。

previous arrow
next arrow
Slider

遊楽

あおいは特に目隠しが好きだったようです。縛られていなくても目隠しを付けるように指示されていたようです。逆さまに吊られているときも目隠しを付けられていたようです。なんと言うか「安全な恐怖」みたいなものが好きだったのでしょう。体質的には何度もイってしまう女性のようです。縛られて目隠しを付けているという条件があってのことかもしれませんが、乳首を触っただけても体をぶるぶるさせてイってしまうほどだったようです。

あおいは特に愛液が多い娘だったようです。縄藤は面白がって立たせたまま拘束し、下半身には一切触れずに上半身だけの愛撫でどれだけ愛液が溢れてくるものか試したようです。小陰唇等の形状にもよるのでしょうが、10分ほどであおいの愛液は太腿を伝って流れ落ちるほどだったようです。