亀甲縛りなどない本物の緊縛動画「責め縄」

責め縄ヘッダー緊縛と動画

亀甲縛りとは

亀甲縛りというものは誰でも聞いたことがある縛り方だであろう。しかし人間を縄で縛るということを経験してしまった者にとっては亀甲縛りと言うものは緊縛ではないことを知っているだろう。つまり縄やロープを体に巻き付けているものの手足の自由は奪っていないのだ。拘束していないのだ。アクセサリーであり装飾なのだ。

余談だが「亀甲縛り」と世間で言われているものは正確には「菱縄縛り」のようだ。亀甲縛りならば六角形を作らなければならないのだが、四角形つまり菱型になっているのだ。だから本当は菱縄縛りと言わなければならないのだ。それほど亀甲縛りとはどうでもいい飾りなのだろう。

実際にパートナーを亀甲縛りで縛って楽しんでいる人たちがどれだけいるかは疑問だ。なぜならば亀甲縛りは完成まで時間がかかるのだ。パートナーは長時間、動かずにじっとしていなければならない。これでは盛り上がらないだろう。撮影という目的があればこそ成り立つ亀甲縛りではなかろうかと思う。

過去に縄藤も亀甲縛りや菱縄縛りという縛りをしたことはないのではなかろうか。

緊縛動画とは

緊縛動画というカテゴリーがあるかはわからないが、緊縛を取り入れている動画は大きくフェチやSMというカテゴリーに含まれるようだ。そのなかで緊縛はマニアックな少数派の分野だ。

少なくとも私は拘束具を使った拘束と縄を使った緊縛を一緒のカテゴリーにしてほしくない。縄で縛るというカテゴリーは独立したものとして認められたい。

そしてアダルト分野の動画となれば緊縛動画と言うべきものは縄で人体を縛っていることが中心となっていなければならない。つまり亀甲縛りをされた女性をバイブでイカせるような内容では、女性を縛っていないので緊縛動画ではない。単なるアダルト動画である。

縛りだけで構成されるような動画なら緊縛動画と呼ぶべきだろう。緊縛が楽しめるもしくは緊縛の勉強になるようなものが緊縛動画であるべきだろう。最初から最後まで緊縛だけで構成されれば完全な緊縛動画と呼びたい。

奇譚クラブ

前述のように緊縛のカテゴリーは少数派なのでアダルトAVの業界でも緊縛専門のレーベルはほとんどない。しかし緊縛の割合が非常に高いレーベルはある。

奇譚クラブというレーベルがある。アダルト動画の創成期からフェチなカテゴリー専門に制作し緊縛動画も数多く制作し続けているレーベルの一つが奇譚クラブである。

奇譚クラブから「責め縄」が発売された。紹介します。

奇譚クラブの動画ページ

責め縄の女優

「責め縄」は最初から最後まで緊縛です。緊縛士の奈加あきら氏が緊縛モデルの紫月いろはさんを縛りまくる動画です。奈加あきら氏はプロの緊縛士ですから美しく迫力ある縛りをします。モデルの紫月いろはさんもプロですから美しい表情を見せてくれます。

緊縛モデルという職業は専門職として立派に成立していることが紫いろはさんを見ているとわかります。もちろん商業作品ですからビジュアル優先の構成ですが、家庭で緊縛を楽しもうとしてるなら参考になるのではないでしょうか。

責め縄ギャラリー

責め縄の販売ページはこちら

責め縄サンプル